読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある厨二の電網目録

とある厨二病患者が色々とインターネットについて好き勝手論じるブログ

ツイッターのフォロワーを増やす小技

Twitter SNS

ツイッターをやっている以上、多くのフォロワーを獲得したいと考える人は多いのではないでしょうか。

巷にはたくさんのツイッターのフォロワーを獲得する手法やら、挙句の果てにはフォロワーを販売する業者まで存在したり。

で、まぁ色々とある手法の中でも、正当で、大胆で、グラマラスで、且つ自分に近い属性のフォロワーを獲得する手法を紹介したいと思います。(ちなみに他でこの手法が紹介されているかどうかは、一切を持って存じ上げまSEN!!)

その方法とはズバリ




「バズらせる」







ということです。


「簡単にバズらせることができれば苦労しねーよ」という罵声罵倒に対して



んな簡単にできねーよと思ってるそこのあなたと君と僕!

初めに謝罪しておきます。すまんこ!

もちろんツイートを簡単にバズらせることはできません。

よほど面白く魅力的なコンテンツであるかとか、時間とか、運とか、多分僕自身じゃ分からない要因はたくさんあると思います。

ですが、比較的簡単にRTを伸ばせる方法として

インフルエンサーに拡散してもらう」

というのをオススメいたします。

補足ですが、インフルエンサーとはSNSにおいて影響力の多い人のこと指します。

ツイッターであれば"フォロワーが多い"というのが定義の1つとして当てはまりますね。


「簡単に拡散してもらえれば苦労しねーよ」という罵声罵倒暴力石投げに対して


具体的にどうすれば良いのかということについては、順を追って説明したいのですが、まず前提としてツイートを拡散してもらうためには

①その人にツイート自体を見てもらう必要がある。
②その人が共感できたり、嗜好がマッチした内容である必要がある。

上記2つを満たす必要があります。

②については、普段からその人のことを観察していれば、その人がどういう嗜好を持っていて、どういうことに興味を示しているのかということは、自ずと分かってくるのではないかと思います。

問題は①です。

仮に自分のツイートを見てもらいたい人が自分のフォロワーであれば、その人がタイムライン上に存在する時間に決め打ちでツイートをすれば問題ありません。(もちろん絶対に反応してもらえるということではありません)

が、ですが、しかし、そうでない場合、その人が自分のフォロワーでない時、如何にして、如何様にして、如何程にして、自分のツイートを届ければ良いのか。

これ、実はすごく簡単なことで、その人に「リプライ」あるいは「引用RT」を行えば良いのです。

これ、反応してもらえる確率が中々に高いです。何%とか、そういった数字は把握していないのですが、あ、数字もなく語るなと、はい、申し訳ありません。

人は自分に対して興味を持ってくれたり、反応してくれた人に対して何らかの好意を持つことは至極当然であり、そしてリプライとか引用RTっていうのが人に対して興味をもつだったり反応するというのに該当するんですよね。

よって、リプライや引用RTを行った人に対してツイート主は少なからず好感を持つ可能性があり、またそのリプライや引用RTに対して逆に反応してもらえる可能性が高まります。(もちろん、一概にそうというわけではないです)

上記した心理をうまく活かして、

・拡散してもらいたいインフルエンサーの趣味嗜好を探る。
・ツイート主に興味関心を持ってもらえ、且つ拡散したくなるようなリプライ、引用RTを実施する。

これを山本耕史ばりに実施すれば、いつか死ぬまでにはその人に拡散してもらえるでしょう。

山本耕史ばりに繰り返し、何度か拡散を繰り返されていくうちに、そのインフルエンサーのフォロワーでの認知が山本耕史ばり広がり始め、多くのフォロワーを獲得することができるかもしれません!山本耕史万歳!